2011年02月26日

自家製マヨネーズ

マヨネーズ.JPG

材料の調合の順番を間違わずに
根気よく泡立てれば
マヨネーズは簡単に手作りできます。

材料は
  卵、米油、酢、レモン汁、塩 
 (卵の替わりに豆乳でもできます)

電動ハンドミキサー買おうかな。



★マヨネーズの作り方
http://cookpad.com/recipe/168305



タグ:無添加
posted by ぽけ at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

今日のローフード

紅芯大根.JPG

毎食、生野菜を食べます。
冬は旬の大根を大いに楽しみます♪

今日は、
・紅芯大根
・キャベツ
・かいわれ大根
・セロリ
・紅芯大根の茎(輪切り)

タグ:ローフード
posted by ぽけ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

ブログタイトルを変更しました




ゆるやかに続けてきた
このブログも
気づけば、
自然食や野菜、ビーガン、マクロビなど食を中心に
心と体にやさしい記事が多くなっていました。

そんな自然の流れを汲んで

ブログのタイトルを 『やさしい時間』 に
リニューアルさせていただきました。

どうぞよろしくお願いします。


   *   *   *


自己紹介もなくブログを
続けていたので
ココでちょこっと語ります(^−^)w




私は、十数年にわたり
できる限りの無添加生活をしているからか、
できるだけ自然の営みに負荷をかけない
モノ・コト・ヒトに
ぴぴっとベクトルが向きます。

その原点は、
十数年前、美容ライターだった頃にさかのぼり、
取材で出会ったアーユルヴェーダが
私の無添加生活のきっかけとなりました。

いまでこそ、日本でも一般に認知されている
「ヨーガ」「瞑想」「菜食」「ハーブ」
「アロマ」「オイルマッサージ」
「白湯飲み」「温熱療法」等は、
世界最古といわれる伝承医学
アーユルヴェーダのトリートメントメソッドに
すべて含まれていたのです。

ケミカルな原料からつくられる化粧品やサプリ
身体にも排水にも負荷がかかるパーマ、毛染め
不自然なダイエット。。。

仕事とはいえ、記事を書きながら
これらに強い疑問を持っていた私は、
アーユルヴェーダの
『人間も自然の一部』として
全体を見渡すホリステックな視点が
美と健康にとっての「本質」だと直感しました。

以来、できる限りの無添加な生活を
心地よく楽しんでいます。



< 食について >

よく「ベジタリアンですか?」と聞かれます。

今まで、マクロビオテック、ビーガン、ローフード、
オボベジタリアン(卵と野菜のみ)、魚ベジ、断食など
いろいろ能動的に試してきました。

その経験から行きついたのは、
どれかひとつに偏ったり、師匠を崇拝したり、
絶対的な制限をするのではなく、
「食」や「生産者」に感謝しながら
自分が心地よく続けられるスタンスが大切だということです。

基本は、できるだけ国産の野菜・穀物中心。
添加物と農薬を使わないもの、少ないものを選びます。

そして、自分の性格や体質、体調、季節感にも合わせて
「栄養素のバランスがとれた」メニューで
「良く噛んで腹八分目」 を心がけています。

普段、白砂糖は料理には使いませんが、
イレギュラーとして、
たまに外でスイーツも食べますし、
友人と楽しく外食もします。
お肉・お魚は、身体が欲したときや
お付き合いのときだけ少量食べます。

8〜9割がナチュラル
1〜2割がイレギュラーといったバランスで、
いつ、肉や魚や砂糖、外国産の食材が食べられなくなっても
まったく困らないスタンスにしています。

視点がブレなければ、
絶対的制限はいらない。
それが私流シンプルライフで
ひとことで言うと「ゆるベジ」かな。

「今日はビーガン」
「昨日はオボベジ」
「外食でちょこっとお肉」
「胃腸が疲れたから週末断食」
みたいな感じです。

そんなゆるやかな野菜中心生活・無添加生活を
アレコレ 綴っていきたいと思います。
できるだけリンクも貼っておきますので
ご参考にしていただけたら嬉しいです。

posted by ぽけ at 02:39| Comment(0) | こんなブログです | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

玄米菜食の食卓




完全ベジタリアンではありませんが

菜食中心の食生活になってから

家で静かに過ごす日が多くなりました。


自分の中のエゴ(もっともっと)が減って
落ち着いた日々です。


玄米菜食.JPG

今日のメニューは

・エリンギと赤ピーマンのソテー
・金平レンコン
・なめたけ
・なめこおろし
・ほうれん草のからし和え
・玄米
・なめこの汁もの
タグ:玄米菜食
posted by ぽけ at 21:46| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

マクロビスイーツ

マクロビスイーツ.JPG

今日は恵比寿で
卵やバター、牛乳、砂糖等を使っていない
マクロビオテックのかぼちゃのケーキを食す。

体にすっと入っていく
この優しさに出会うと
脂っぽいケーキから足が遠のきます。


★マクロビオティックマルシェ CAFE&SHOP
http://www.macrobiotic-marche.jp/marche/1.1/526/
posted by ぽけ at 15:39| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

もたれない天丼



お惣菜の天ぷらや
チェーン店の天丼を食べると
(揚げたてでも)
きまって激しく胃がもたれてしまう。。。

衣や油に含まれる
酸化防止剤等の添加物に
反応してしまうのだ(^_^;)

そんな、手抜き(添加物)に過敏な私が
安心して食べられるのは、
老舗の名店が多い。

天丼.JPG


衣は、小麦粉と水だけでその場で仕込まれ、
ゴマ油中心の新鮮な油で揚げられる。

今日は「天一」さんで
至福のひととき♪
タグ:天丼
posted by ぽけ at 00:31| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

星型ツリーハウス




白金プラチナ通りにある
「アダム エ ロペ」の中庭に
星の形をしたツリーハウスがあると知り、
ずっと気になっていました。


th1.JPG

3階のCafeから眺められる設計で
オーダーを待つ間に上ってみました♪

ツリーハウスクリエーター小林崇さんの作品です。

かわいいですね〜★


th2.JPG

アイアンやステンドグラスなど
素材も樹と調和しています。

th3.JPG

子供心を思い出しながら
わくわく冒険!

th4.JPG

樹に負担をかけないように
枝は枝のままに
調和を大切にしているのがよくわかります。

本を持ってきて
一日過ごしたいな(^−^)


★このツリーハウスの詳細
http://event.yahoo.co.jp/green/gallery/index02/photo02.html


★ツリーハウスクリエーター小林崇さん
http://www.treehouse.jp/news_koba/profile/


★製作中の動画
http://biotop.adametrope.com/treehouse/


posted by ぽけ at 20:35| Comment(0) | 動物・植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

自分チョコ




京都・嵯峨嵐山にある
Cafe「嵯峨野湯」

京都らしい素材を使った
期間限定のチョコレートが秀逸です。

自分チョコ1.JPG

誘惑に負けて
久しぶりにチョコ購入♪

自分チョコ2.JPG

「TANBA」は
ホワイトチョコベースで
京都丹波の黒豆焦がしきな粉を使用した生チョコです。

やわらかいので木ベラがついてました。


悶絶の味わい(^−^)♪♪♪


チョコをコーティングしたかりんとう
「枝チョコ」も斬新かつ美味!


◎ 「嵯峨野湯」HP  http://www.cafestylestore.com/valentine.html


posted by ぽけ at 20:56| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

誕生日の贈り物

DSCF2696.JPG

今日は?回目の誕生日バースデー

今までに、もらって嬉しかったプレゼントは
メッセージが直筆で添えられた
プレゼント「バースディブック」

絵本になっているので
ふとしたときに開いて見ると
なんだか元気が湧いてきます。

生かされていることに感謝





posted by ぽけ at 18:18| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無人販売所の春

無人販売.JPG

ふきのとうが出始めました♪

売り切れ残念。。

また来ま〜す

タグ:ふきのとう
posted by ぽけ at 02:17| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。